なにをいまさら...

sony α7RⅡ/レンズ/写真/風景/夜景/さまよい/さすらい/日常

NHK大河ドラマ『いだてん』のロケ地!旧諸戸清六邸「六華苑」にいってみた

三重県桑名市にある大正2年竣工、洋館はジョサイア・コンドル設計『六華苑』。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303220512j:plain

NHK大河ドラマ『いだてん』で三島邸として使用されました。天狗倶楽部の登場やら大隈重信、乃木大将が出てきたり、四三がなぎなたで追いかけられたり。。。

『六華苑』は写真では見たことあったけどこの機会に行ってみることに。

 

ジョサイア・コンドルといえば旧岩崎邸ですね。

 

www.animalcrymaxxx.com

 鹿鳴館とかも有名、都内がほとんどなのですが、この三重県桑名市での建築は山林王であった諸戸家が三菱の岩崎家と交流があったからとか。

 

さて、行ってみましょう。

桑名駅あたりからだと車で10分かからないくらいの微妙な距離。(バスは少なそうなので車が無難そう。。。)

ここが入口「長屋門」。洋館、ちょっとだけ頭が見えてますw

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303221723j:plain

長屋門で入場料を支払い中に入ると、目の前に洋館が!4階建ての塔が目を奪われます。ちなみに内部見学は洋館の横の瓦屋根の内玄関からです。靴を脱いで入ります。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303222146j:plain

まずは洋館廻りましょう。今日のレンズはひさしぶりに15mm。

内玄関から渡り廊下を歩くとホールに出ます。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303222632j:plain

ホールから洋館玄関。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303222625j:plain

食堂f:id:AnimalCrymaxxx:20190303223019j:plain客間。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303223026j:plainトイレf:id:AnimalCrymaxxx:20190303223805j:plain

ここは4階建ての塔の1階部分。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303222910j:plainホールから2階に登りましょう。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303223212j:plain

書斎f:id:AnimalCrymaxxx:20190303223356j:plain

居間f:id:AnimalCrymaxxx:20190303223402j:plain

居間と書斎はサンルームに出ることが出来ます。ここからは庭園が見渡せます。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303223938j:plain

ここは寝室として使われていたよう。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303223408j:plain

例の4階建ての塔の2階部分。上に登る階段がありますが、立ち入り禁止でした(涙f:id:AnimalCrymaxxx:20190303223421j:plain

トイレf:id:AnimalCrymaxxx:20190303223724j:plain

ここでレンズを15mmから40mmに変えて調度品などを撮ってみました。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224222j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224230j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224238j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224251j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224258j:plain

壁紙やガラスは現代のものかもしれません。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224407j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224426j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224414j:plain

洋館に連結されている和館の一部は2階建て。古いロッキンチェアがありました。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224510j:plain


さて和館を廻ります。レンズは15mmに。

長い長い板張りの廊下。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224654j:plain

お客様用?の畳廊下。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224659j:plain

各部屋は襖で仕切られていますが、開けると大広間に。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224707j:plain

庭園側も廊下がありますがカーペットが轢かれていました。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303224713j:plain

 

和館の一番奥の一の間は客室としても使われていたようで、縁側があります。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303225327j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303225333j:plain

一番奥に廻ると、f:id:AnimalCrymaxxx:20190303225338j:plain

トイレです。お風呂もあったようですが取り壊されたとのこと。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303225343j:plain

また、和館の裏手には蔵がありました。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303225555j:plain


このお屋敷には離れがあります。今はイベントで使われているようで、空調設備やエアコンも完備されていました。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303225811j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303225722j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303225731j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303225925j:plain

さて、庭園を見てみましょう。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303230006j:plain

敷地の境にはレンガ壁が。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303230053j:plain

庭園には大きな池があり1周できます。f:id:AnimalCrymaxxx:20190303230059j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303230132j:plain

ちょうど梅が満開でした。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303230138j:plain


内玄関棟のロビーには、いだてんのロケの様子がいろいろと掲示されています。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303230427j:plain

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303230433j:plain

ちなみに昨日放送の『いだてん』で、ストックホルムで出迎えた内田大使。この方の邸宅は、今は横浜市山手に『外交官の家』として保存公開されています。ストックホルムオリンピックの写真もありますよ。『外交官の家』も素晴らしい洋館です。



この日は平日の夕方でしたが、お客さんいましたね。いだてん効果でしょうか?

そんなお客さんも見ていたお土産や関連書籍に、三重県桑名市の伝統文化である連鶴「桑名の千羽鶴」も展示販売してます。

f:id:AnimalCrymaxxx:20190303230438j:plain


桑名は前にこの辺りの料亭?でに知人の結婚式で来たことがあり、街の雰囲気を気に入っていました。駅前は昭和だし、ここの周りにも桑名の城下町、宿場町の名残も多く残っており、素晴らしいエリアですよね。

DATA  

この日の機材

SONY α7RⅡ
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III E-mount
Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4

 

すべてRAW撮影、 Lightroom現像

  


行ったところ

  公式サイト:www.intsurf.ne.jp

 ☆一般  ¥460

 ☆駐車場無料

 ☆写真撮影に関してちょっと厳しく書いてあるので確認したところ、コスプレやモデル撮影ではなく一般的な撮影であれば問題ないとのことです。あとSNSも問題なしとのことでした。

 

 

 

撮影日

2019年2月